2016.04.21

美容

見た目年齢は髪で決まる?いつまでも艶とハリを保つための正しいシャンプーの仕方

「老けて見られることが多い」という女性は、「髪の毛」に原因があるかもしれません。いくら肌が美しくても、肌に透明感があったとしても、髪に艶やハリがないと、どうしても年齢が高く見えてしまうものです。

特にトップのボリュームがなくなると、とたんに老けて見えてしまう……。これは、非常にもったいないことです。

女性ホルモンによって左右される頭皮と髪の質

2

ここで、ポイントとなるのが「女性ホルモン」。実は、この女性ホルモンが髪の艶やハリと大きく関係しているのです。というのも、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は、自律神経のバランスだけでなく、骨や皮膚の形成などに深く関わっていて、更年期を迎える40代後半から50代にかけてその分泌が減少してくると、頭皮や髪の毛の状態にまで影響を与えるからです。

毛髪は、普段は成長期、退行期、休止期を経て、ある一定のサイクルで回っていますが、女性ホルモンの減少は、毛髪の成長期を遅らせるなどして、周期を狂わせてしまいます。

見落としがちだけど大切な毎日のシャンプーを見直してみよう

3

しかし、毛髪の周期を狂わせてしまうのは、女性ホルモンの減少だけが原因ではありません。意外と見落としがちなのが、毎日のシャンプーです。適切にシャンプーが行えていないと、毛穴が詰まってしまい、それだけで正常なヘアサイクルを阻害してしまいます。

頭皮の健康を維持するためには、まずは普段のシャンプーを見直してみましょう。毛穴のつまりを効率的に除去する、正しいシャンプーを行うことが重要です。

【正しいシャンプーの仕方】

1.シャンプー前にブラッシングして汚れを落とす

2.しっかりと頭皮から髪を濡らして摩擦を起こさないようにする

3.シャンプーは適量を使い、指の腹でマッサージするように洗う

4.すすぎ残しのないように、たっぷりとすすぐ

5.タオルドライしたら、きちんと乾かす

ちょっとしたブラッシングや、すすぎ方ひとつで、デリケートな髪はダメージを受けがちです。特に、紫外線が強くなっていく時期は、要注意。

また、ドライヤーによる乾燥は、一見髪を傷ませると思われがちですが、自然乾燥するために濡れたままの髪で寝ると、その摩擦で余計に髪を傷ませてしまいます。ドライヤーの前にオイルを塗布してガードをすれば、ドライヤーによるダメージも軽減できますので、必ず乾かしてください。

最近では「スカルプケア」が浸透し、専用のアイテムも豊富になってきています。自分に合ったタイプのアイテムを見つけ、毎日マッサージをしてめぐりを促してみるのも良いでしょう。

包括的に心身のバランスを整えることも重要

4

最後に、女性の髪の悩みとして多い「白髪」と「薄毛」ですが、女性ホルモンの減少に加え、日々の生活習慣も髪や頭皮に影響を与えることがわかっています。不規則な生活やバランスの悪い食事、日常的に受けるストレスなどは顕著に頭皮や髪に現れてくるのです。よって、髪の悩みを解消するには、日々の生活や食生活などから包括的に心身のバランスを整えることも欠かせません。

日々のお手入れだからこそ、まずは毎日のシャンプーをしっかりと。そして、さらに若々しい頭髪をキープするために、日々の生活や食生活なども見直してみてください。頭皮や髪の健康は、心身の健康と同じ。自分ができることから、ひとつひとつ始めてみてはいかがでしょうか?

 ※効果・効能の実感には個人差があります。

久保 直子(くぼ なおこ)

ウェルネス&ビューティジャーナリスト、植物療法士

パリ13大学を母体とするAMPP(仏植物療法普及医学協会)認定メディカルフィトテラピスト、DTWフラワーエッセンスプラクティショナー、スポーツアロマテラピストの資格を持ち、植物療法、特に「メンタルビューティ」を軸にした独自のウェルネス&ビューティプログラムを企画・発信。最先端コスメからオーガニックコスメ、スパ、クリニックなど美容情報に精通し、メディアでの企画監修&執筆、セミナー&ワークショップ、メンタルカウンセリング、プロダクト開発、イベントプロデュースなどの活動の他、二児の母の立場を生かし、mama caféを主宰している。