2016.05.12

美容

似合う色をまとって綺麗に、そして内から元気に。毎日が楽しくなる「色の魔法」 【大人美人の教科書 vol.4】

「いくつになっても綺麗でいたい」

イメージコンサルタントの太田久美子さんは、約30年にわたって、そんな女性の願いを叶えてきました。その数は、実に2万人以上に上ります。結婚式を控えた花嫁から、おしゃれが好きなシニアまで、その人の魅力を最大限に引き出すために用いているのが、なんと「色」。

「似合う色を身にまとえば綺麗に見えて、内面まで元気になる」

まるで魔法のような「色の力」を探りました。

「肌」「目」「髪」の色によって似合う色は導き出される

0323_012

― 「どの色が似合うのか」。それは自分ではわかりにくいと思いますが、その人に似合う色はどのようして見つけるのですか?

アメリカ発祥の「4シーズナルカラーシステム」という理論で、その人に似合う色を導き出します。これは、人が生まれ持った「肌」「目」「髪」の色によって、「スプリング」「オータム」「サマー」「ウィンター」の4つに分類する方法です。

ただ、日本人は欧米人ほど「肌」「目」「髪」の色の違いがはっきりとはしていないので、これら4つを組み合わせた12タイプで診断します。いわば、「4シーズナルカラーシステム」の日本版ですね。

似合う色を見つけるには、「4シーズナルカラーシステム」をもとにパーソナルカラー診断を行う必要がありますが、例えば、肌が黄味がかり、目と髪の色が茶系統の人は、「スプリング」「オータム」が似合う傾向にあります。反対に、肌が青みがかり、目と髪の色が黒系統の人は、「サマー」「ウィンター」が似合うといった具合です。

― 自分が当てはまるタイプの色を組み合わせると良いのでしょうか?

そうですね。自分に似合うタイプがわかれば、そこに含まれる色を組み合わせて服をコーディネートしてみてください。

先ほどの例で言うと、肌が黄味がかり、目と髪の色が茶系統の人は、「スプリング」「オータム」が似合うため、ファンデーションはオークル系にして、口紅はピーチレッドやアプリコットベージュ、ヘアカラーはブラウン、アクセサリーはゴールドがおすすめです。

逆に、肌が青みがかり、目と髪の色が黒系統の人は、「サマー」「ウィンター」が似合うため、ファンデーションはピンク系にして、口紅にはリリーピンク、ヘアカラーにはブラック、アクセサリーにはシルバーが良いでしょう。

ファンデーションや口紅なら気軽に変えられますし、それだけで顔の印象は違って見えますので、ぜひ実践いただきたいですね。

― 「スプリング」「オータム」「サマー」「ウィンター」について、それぞれ具体的に教えてください。

0323_046

「スプリング」は、クリームイエローやコーラルピンク、コバルトブルーなど、黄色みが少し含まれる明るく鮮やか色です。「オータム」は、黄色みが強く入った濃く深みのある色。マスタードやサーモンピンク、ダックブルーといった「スプリング」より明度を落とした色ですね。

一方、「サマー」は、薄く抑えた青みが含まれる明るいやわらかな色。ミントグリーンやローズピンク、スカイブルーなどが代表的です。「ウィンター」には、「サマー」より彩度が高く、明度が低いエメラルドグリーンやショッキングピンク、ロイヤルブルーといった色が並びます。

似合う色を組み合わせれば、より魅力的に!

0323_010

― 似合う色を身に着けることで印象がとても良くなるんですね。

人は「肌」「目」「髪」の色から全体のイメージが決まります。そのイメージを、より魅力的に見せるか台無しにしてしまうかは選ぶ色次第なんです。

よく実年齢より若く見られる女性がいますが、その方々は「スプリング」「サマー」が似合い、その色を取り入れていますね。一方、落ち着いた雰囲気で迫力があるように見える女性は、「オータム」「ウィンター」が似合い、その色を着こなしています。「印象が良い人」というのは、似合う色を自覚して自分自身を見事に演出しているものなんですよ。

― 確かに、それが逆になると、ちょっとおかしな感じになりそうです(笑)

でも、「好きな色」ってありますよね?似合う・似合わないは置いておいて、「自分はこの色が好きなんだ」という。そういう気持ちは大切にした方が良いと思います。

なので、そういった自分が好きな色は、バッグやキーケース、ベルトといった小物に使うことを提案しています。好きな色を持っていると、安心できますしね。

毎日、服のコーディネートを変えれば、もっと楽しくなる!

0323_049

― 太田さんは、これまで2万人を超える女性にアドバイスして来られました。似合う色を見つけた女性のみなさんは、どのように変わりましたか?

共通して起こる変化としては、みなさん気持ちが元気になることです。

似合う色を見つけて見た目が綺麗になれば、旦那さんや恋人、友だちや同僚などから褒めてもらえますし、やっぱり前向きになりますよね。「前より笑顔が増えた」「自分に自信が持てるようになった」という声もよく聞きます。

― 一度、綺麗になった自分を知ってしまえば、毎日のおしゃれにもやる気が出そうですね。

私自身も実践していますが、毎日、服のコーディネートを変えるようにしてみると良いと思いますよ。

すると、いろいろなところに出かけてみようという気分にもなりますし、毎日が今まで以上に楽しくなるはずですから。

―「似合う色を身にまとうことで見た目が綺麗になり、内面まで元気になる」。本当に魔法のような話ですが、色にはそれだけの力があるんですね。本日は、ありがとうございました!

【プロフィール】

太田 久美子(おおた くみこ)/イメージコンサルタント

カラーアナリスト&イメージコンサルタントライセンスを取得し(インプレッション※旧ドゥベスト)、フリーのカラーアナリスト、イメージコンサルタントとして活動を開始。30年間のキャリアの中でパーソナルカラーコンサルティング20,000人に上る実績を持つ。2000年12月、(有)カナルプランニングを設立し、同社取締役就任。現在は、働く女性・ミセス・シニアのイメージコンサルティングおよびブライダルコンサルティングに注力して活動中。特に、40代以上のミセス・シニアを対象としたイメージアップセミナー・講演の実績が豊富。「神戸大丸くじゃくサロン」「資生堂ビューティーカンパニー」など、年間約100件のセミナーや企業研修に携わっている。■HP:http://www.canal-planning.co.jp/