2017.01.24

健康

脚を引き締め美脚になる!♪ハーフブリッジのポーズ

「いくつになってもスカートをはいて、自信を持って脚を出したい!」と思う女性は多いはず。今回は、脚を引き締めて美しくなりたい、と願う女性におすすめしたいハーフブリッジのポーズをご紹介。初心者の方もチャレンジしやすい、ヨガの基本ポーズです。

 

年齢が出やすい脚と腰まわり、隠していませんか?

shutterstock_54751000

年齢があがってくると、体型の変化が気になりはじめるもの。特に腰周りやふとももは年齢が出やすい場所です。長めのチュニックやギャザーのたくさん入ったスカートをはいて、たるみや肉づきを隠していませんか?

でも、もしも「年齢を感じさせないスタイルをキープして、短めのスカートをはいたり、タイトなパンツをスラリとはきこなしたりしたい! 」という本音を隠しているのなら、脚腰まわりの引き締め効果が期待できる、ヨガのポーズがおすすめです。きつい運動ではなにので、日常生活にとりいれて、シェイプアップを図りましょう。

 

脚の引き締め効果がある「ハーフブリッジ」のポーズ

shutterstock_249179941

ヨガの「ハーフブリッジ」のポーズは、一般的に知られている“体幹を、腕と脚だけで支えて、弓なりに反らせるブリッジ”とは異なり、脚腰まわりのみを反らせるポーズです。年齢があがるとブリッジは少しきつい体勢になるので、手軽に始められる「ハーフブリッジ」はおすすめです。

このポーズは、腹部に働きかけたり血行を促進して新陳代謝を高めたりする効果があり、消化不良を改善するといわれています。また、猫背を治す姿勢の改善にもつながるので、肩こりや腰痛が解消されるとともに、脚腰まわりの引き締めにも効果があります。美容にも健康にもよい効果をもたらす「ハーフブリッジ」のポーズにぜひチャレンジしてみましょう。

 

呼吸を整えてゆっくりと行う「ハーフブリッジ」のポーズ

P1060939

それでは、「ハーフブリッジ」のポーズを実践してみましょう。

 

①仰向けに横たわり、両脚は腰幅程度に広げます。ゆっくりと呼吸を整えましょう。手のひらを上に向けると、力が抜けやすくなります。もしもお持ちであれば、ヨガマットや敷物を身体の下に敷くと、この後のポーズがとりやすくなりますよ。

P1060930

 

②両脚を腰幅に広げたまま、膝を曲げます。手のひらを下に返し、もう一度呼吸を整えます。

P1060931

 

③息をゆっくりと吸い込みながらゆるやかに腰を浮かせます。十分に腰が持ち上がったところで、10秒ほどキープ。息を止めずに自然呼吸をします。腰の位置を上げすぎて、海老反りにならないよう、まっすぐな姿勢を意識しましょう。

P1060938

 

④息を吐きながら、ヒップをゆっくりとおろしていきます。しばらくそのままの状態で呼吸を整えます。

P1060936

 

⑤ ②〜④の動作をもう一度、繰り返します。その後、脚を元に戻して仰向けになり、手のひらを上に向けて、呼吸をゆっくりと整えます。

ハーフブリッジはヨガ初心者でもチャレンジしやすいポーズですが、頭と足首に負担をかけてバランスをとるため、首に疾患がある方は控えてください。

佐久間涼子(さくま りょうこ)

ヨガインストラクター

ヨガインストラクター

10代でヨガに出逢い、様々なヨガのスタイルを実践しながらヨガという世界観に一気に引き込まれ、ヨガブームを境に本格的にヨガのインストラクターとして活動を始める。
2007年に初めてインド・ゴアに渡り世界中のyogiとの交流をきっかけに更にヨガの魅力に触れる。
今日では都内にある「オハナスマイル」や「True Nature Studio」でのレギュラークラスをベースに、ヨガのある生活を満喫しながら、ヨガの魅力を日本各地で伝えている。
また日本最大級のヨガの祭典ヨガフェスタやTrue Natureなどにも講師として参加しており、様々なイベントでも活動中。

URL:http://www.sakumaryoko.com/