香りの機能性のご紹介

良い香りを嗅ぐと幸せな気分になったり、心がほっと安らぐことがありませんか。
これは、脳の働きによって分泌されるホルモンの影響です。
香りは脳に直接働きかけ、脳の働きを活性化させてホルモンの分泌を高めてくれます。

シャルレは、脳から分泌されるホルモンの中で美肌に導いてくれる3種類のホルモン、ストレス緩和ホルモン「セロトニン」と幸せホルモン「オキシトシン」と若返りホルモン「DHEA」に着目しました。
これらの美肌に導く3種類のホルモンを「美肌ホルモン」と名付け、香りで美肌ホルモンを活性化させ、シワたるみのない若々しい健やかな肌を目指しました(シャルレ独自発想)。

セロトニンは、ストレスを緩和させ感情をコントロールし、慢性ストレス由来の肌老化から肌を守る効果が期待できます。

オキシトシンは、真皮の幹細胞を活性化し、シワやたるみを改善する効果が期待できます。また、子供や動物とのふれあいによるじんわりあたたかな気分になった時に分泌されるので「幸せホルモン」と呼ばれています。

DHEAは、コラーゲンを産生し、シワやたるみを改善する効果が期待できます。また、生活習慣病のリスクを減らす作用があるため「若返りホルモン」と呼ばれ近年注目されています。

美肌ホルモンの特徴

若々しい健やかな肌へ
  • セロトニン

    慢性ストレス由来の
    肌老化から肌を守る効果
    が期待できる

  • オキシトシン

    真皮の幹細胞を活性化し、シワやたるみを改善する効果が期待できる

  • DHEA

    コラーゲンを生産し、
    シワやたるみを改善する効果が期待できる

香りの研究の結果

①美肌ホルモンの活性化

美肌ホルモンを活性化させる
植物由来の香り成分
4つを発見しました。

ダマスクローズはセロトニン分泌の増加、ベルガモットとラベンダーはオキシトシン分泌の増加、ホーリーバジルはDHEA分泌の増加を確認しました。

試験方法

  • 1香りを嗅ぐ前に唾液を1mL採取
  • 2試香紙に染み込ませた香り成分を
    1分間嗅いだ後に唾液を1mL採取
  • 3唾液中の各種ホルモンの測定・解析、
    嗅香前後の有意差検定
    (グラフ上の:有意差あり)
被験者
20代女性5名

(東京工科大学 前田憲寿教授)

②リラックス効果

脳波・心拍測定及び脳血流
測定によって
リラックス効果が
確認できました。

美肌ホルモンを活性化させる4つの香り成分「ダマスクローズ」「ホーリーバジル」「ベルガモット」「ラベンダー」を含む
シャルレ独自の植物由来アロマブレンドは、脳波・心拍測定及び脳血流測定によってリラックス効果が確認できました。

1.脳波と心拍測定による
リラックス効果の検証

脳波測定からは、リラックスしているときや気分が良いとき、気持ちが安定しているときに大きくなる「α2波」が増加しリラックス効果が確認できました。また、心拍測定からも、副交感神経の活動度を高め、交感神経の活動度を下げる(ストレスの低減)傾向が確認でき、リラックス効果があることが示唆されました。

試験方法

  • 1BG溶液を染みこませた試香紙を
    嗅ぎながら脳波(3分間)及び心拍(5分間)の測定
  • 2香り成分2%配合BG溶液を染みこませた試香紙を嗅ぎながら脳波(3分間)及び心拍(5分間)の測定
  • 3脳波と心拍の解析、香りありなしの有意差検定 (グラフ上の:有意差あり)
被験者
20代女性5名男性1名

(東京工科大学 前田憲寿教授)

脳波測定によるα2の優勢率

心拍測定による副交感神経の活動度

心拍測定による交感神経の活動度
(ストレス指標)

2.脳血流測定及び
ストレスホルモン測定による
リラックス効果の検証

脳の活性(血流)状態でわかる
「リラックス脳」と
「ストレス脳」

難しい課題や仕事などに対して感じる「緊張」「不安や憂鬱」などのストレスの程度は人によって異なり、脳の活性(血流)状態が影響しています。

脳の前側の「前頭前野」という部分は、思考や物事を判断するといった人間らしい機能を司る場所で、左右それぞれ別々の働きをしています。右側は怒りや不安といったネガティブな感情に関係し、左側はポジティブな感情に関係しています。

難しい課題や仕事などに対して「緊張」「不安や憂鬱」を感じてしまう方は、脳の右側の血流量が増えます。逆に、リラックスして取り組める方は、脳の左側の血流量が増えます。前者を「ストレス脳」、後者を「リラックス脳」とも言われています。

「ストレス脳」の人は、ストレスに対して敏感に反応し、脳がストレスから身体を守ろうとして過度の緊張状態になり、ホルモンや自律神経のバランスが崩れます。その影響で、過剰な皮脂分泌による吹き出物、肩・首のこりや頭痛などの身体の不調があらわれやすくなります。

香りは脳に直接働きかけるため、リラックス効果がある香りは「ストレス脳」を「リラックス脳」に変える効果が期待できます。
シャルレ独自の植物由来のアロマブレンドでその効果を確認することができました。
さらに、香りを含む液剤をわずか1週間使用(1日2回)するだけでも同様の効果が確認できました。

試験方法

1日目は香りがない部屋にて、2日目は香り(シャルレ独自の植物由来のアロマブレンド)を充満させた部屋にて香りを嗅ぎながら、以下の(1)~(5)の手順に従って、暗算テスト及び言語テスト、前頭前野(22か所)の脳血流を測定、唾液の採取を行いストレスホルモン「コルチゾール」を測定。
さらに、シャルレ独自の植物由来のアロマブレンドを含む液剤を1日2回・1週間、顔に塗布した後に、香りがない部屋にて同様のテストを実施。
1日目の香りがない部屋にて実施した各測定値を「香りなし」とし、2日目の香りがある部屋にて実施した各測定値を「香りあり」、また、香りを含む液剤の1週間使用後に実施した各測定値を「継続使用」とし、香りの効果を検証した。

  • 1安静待機(20分間)
  • 2テスト実施前の唾液採取し、
    コルチゾールの測定
  • 3暗算テスト実施前の安静時脳血流測定(3分間)
  • 4暗算テスト実施時の脳血流測定(5分間)
  • 5言語テスト実施前の安静時脳血流測定(3分間)
  • 6言語テスト実施時の脳血流測定(5分間)
  • 7テスト実施後の唾液採取し、コルチゾールの測定
  • 8脳血流は左右について、コルチゾールは「香りなし」に対する有意差検定(グラフ上の:有意差あり)
液剤の
使用期間
1週間(2019年3月)
被験者
20~38歳女性12名

(関西福祉科学大学 竹田竜嗣講師)

暗算テスト前後の脳血流最大変化量
(左右比較)

言語テスト前後の脳血流最大変化量
(左右比較)

どちらのテストにおいても、「香りなし」では右脳優位であり、いわゆる「ストレス脳」の状態であることがわかります。
一方、「香りあり」及び「継続使用」では左脳優位となり、香りによって「リラックス脳」の状態になったことが確認できました。
※脳血流最大変化量(安静時から増えた最大の血流量)=テスト時の最大脳血流量-テスト前安静時の最小脳血流量

また、テスト前後の脳血流最大変化量の結果を測定位置の強度でマッピング画像化し、暗算テスト実施時の一例を示しました。青くなるほど血流量が少なく、緑、黄色、赤くなるにつれて血流量が多くなります。つまり、黄色から赤色の部分は、血流量がテスト前と比較して増加したことを意味します。
「香りなし」は、左脳部以外の血流量の増加が著しく、強いストレス状態でありましたが、「香りあり」「継続使用」では、右脳側の血流量が減少し、また左脳側の血流量が増加しています。つまり、香りによってリラックス状態になったことが確認できました。

暗算テスト実施前後の
脳血流の最大変化量の
マッピング画像の一例(20歳女性)

ストレスホルモン「コルチゾール」量

さらに、ストレスがある時に分泌されるホルモン「コルチゾール」の測定からも香りによるストレスの低減効果が確認できました。
ストレスがかかっていないテスト前ではコルチゾール量に差はありませんが、テスト後においては、「香りあり」と「継続使用」は「香りなし」と比較してコルチゾール量が少ないことがわかります。
つまり、香りによって、テストによるストレスが低減したということが確認できました。