2017.03.30

食事

旬の春野菜はエイジングケアの宝庫だった!効果的に食べる最強エイジングケアサラダ

日に日に暖かさが増し、春の訪れを感じますね。そんな春が旬の「春野菜」に、エイジングケア効果が期待できることをご存知でしょうか?

冬の間、栄養をじっくりと蓄えた春野菜には、健康な身体と美を保つためのパワーが秘められています。今回は、そんな春野菜を効率的に、おいしくいただけて、さらにエイジングケア効果も期待できるサラダをご紹介します。

 

旬を味わう!春野菜たっぷりのエイジングケアサラダ

01

【材料】(2人分)
春キャベツ・・・1/4玉
菜の花・・・50g
アボカド・・・1/2個
サーモン・・・・50g

★ドレッシング
新玉ねぎ(みじん切り)・・・1/2個
オリーブオイル・・・20cc
醤油・・・・大さじ1
酢・・・・大さじ1
みりん・・・小さじ1
すりごま・・・・小さじ1

 

【作り方】
1.春キャベツは、手で適当な大きさにちぎる。菜の花は、ラップに包み、600Wの電子レンジで3~4分加熱したら水気をきる。アボカドは種を取り、皮を剥いたら、2cm角に切る。
2.ドレッシングの材料を全てボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
3.皿に1の材料を盛り合わせ、2をかける。

旬の新玉ねぎをたっぷりとドレッシングに使った、春野菜のエイジングケアサラダ。春キャベツは柔らかいので、生のままの葉をちぎって調理することをオススメします。ちぎることで、葉の表面積がランダムになり、味なじみも良くなりますよ。

 

エイジングケアグポイント

春キャベツ

03

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぎ、美肌へと導く「ビタミンC」、疲れた胃腸や肝臓の調子を整える「ビタミンU」が含まれる春キャベツ。これらの成分は加熱すると壊れる性質があるため、生で食べると、しっかりと摂取することができますよ。

 

菜の花

04

便秘解消効果が期待できる「食物繊維」や、老化の原因である活性酸素を除去する「ビタミンE」、免疫力を高めてくれる「ビタミンC」「カロテン」、むくみ解消のサポートをしてくれる「カリウム」など、さまざまな栄養素が豊富に含まれている栄養価の高い食材です。

ビタミンCやカロテンは加熱すると減少しますが、ドレッシングなどの油分と一緒に摂ることで、吸収率を高めることができますよ。

 

新玉ねぎ

05

疲労回復や血液をサラサラにしてくれる効果ができる「硫化アリル」が含まれた、新玉ねぎ。酢に含まれるクエン酸も疲労回復のサポートをしてくれるので、疲れた身体には積極的に摂取したい食材です。

サーモン

06

サーモンには「アスタキサンチン」という、老化の原因の活性酸素を除去する効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。その効果はなんと、ビタミンEの約1000倍ともいわれています。美容を意識している女性にぴったりのスーパーフードですよ。

エイジングケア効果や美容、健康効果が期待できる食材がギュッと詰まったエイジングケアサラダ。もちろん味わいもとてもおいしいので、旬の食材が出回るこのシーズンにぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

河瀬璃菜 りな助

料理研究家・フードコーディネーター

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。フードクリエイティブファクトリー所属
料理好きな母のもとで育ち、食に携わる仕事に就きたいという思いを自然と持つようになりました。両親が共働きで常に忙しくしていましたが、食卓を囲み食事をいっしょに食べることで自然と会話が生まれ、どんなに忙しくてもコミュニケーションを大切にすることができました。そんな経験から、食卓でのコミュニケーションは大変重要で気づきの多いものだと私は思っています。「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」という意図に基づき、レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせていただいています。
2014年7月よりフードクリエイティブファクトリーの執筆プロデューサーに就任し、月間40本の記事をプロデュースしています。
著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」

URL:http://foodcreativefactory.com/