2017.02.21

美容

知らないと損!!美肌とお金をキープする正しい睡眠美容法!

化粧品を買ったりエステに行ったり、「綺麗になるための努力には、お金がかかってしまう」というあなた。もちろんそれらの努力は間違っていません。でも、30代のお肌の手入れは、生活習慣に注意を払うことも大切!

どんなにお手入れをしてもなかなか効果が出なかったり、逆にお肌が疲れたりしている方に、「お金のかからない」大切な美容方法をご紹介します。

 

美肌にお金をかけても、これを実践していなければムダ!

shutterstock_424723243

若々しい肌を保つためには、ハイエンドプライスの美容液や濃厚クリームでケアをしたり、エステや美容皮膚科へ通ったりしなければ手に入らない、というイメージが先行しがちです。

もちろんお金をかければかけるほど、美肌効果は実感しやすくなります。でも、それ以外の、お金のかからない「美肌になるための心がけ」があります。

それは「早く寝る」ということ。とても当たり前のことで、拍子抜けされた方もいるかもしれません。でも、きちんと睡眠時間を確保しなければ、どんなに美肌のためにお金をつぎ込んでも「なかなか改善しない」という結果になりかねません。絶対に軽視できないことなのです。

 

知ってる? お肌のゴールデンタイム

shutterstock_34709086

美意識の高い方にとってはおなじみの言葉「お肌のゴールデンタイム」。夜の10時から深夜2時までの4時間を指します。この間に睡眠を摂ると、体からたくさんの成長ホルモンが分泌されます。子どもの場合は、この間に身長が伸びたり、骨の組織が作られたりします。大人の場合は、この間にケガが修復されたり、お肌の代謝が促されたりします。

この「修復する時間」に起きて活動していると、お肌を含めた「体」が綺麗に修復・再生されなくなります。だからこそ、この時間帯の睡眠が大切だといわれているのです。

なお、ゴールデンタイムには内臓の修復や代謝も行われているため、疲労回復や免疫力も、この時間に狙えます。

 

しっかり睡眠時間を確保して美肌になろう!

shutterstock_317435297

「睡眠時間の長さ」についても同じことがいえます。体は眠っている間にどんどん修復されていきますが、この「修復タイム」が少ないと、さまざまな不調が体に起こります。

 

肌の場合は、皮脂の分泌のバランスが崩れてやたらテカってしまう、肌の調子が悪くなってクマやくすみが出る、といったトラブルが起きやすくなりがちに。逆に睡眠時間をたっぷりと摂っていれば、もしもニキビができてしまったとしても、その治りが早くなります。「高い美容液を使っているのに、なかなか肌が改善しない」という方は、睡眠時間を見つめ直してみましょう。

 

でも、「仕事が忙しくて早寝できない」「長い睡眠時間が確保できない」という方もいるかと思います。そういった方は、最初の3時間だけでも快適に寝られるよう、睡眠の質にこだわってみましょう。入眠後3時間ほどは、成長ホルモンが分泌されやすいといわれています。季節に合わせた心地よいシーツを敷いたり、枕を好みのものに変えたりして、快適な睡眠環境を作ることをおすすめします。また、最近は睡眠の質を高めるサプリメントもあるので、併せてとりいれるのも良いですね。

美肌を手に入れるには、肌本来の修復力を発揮させる「睡眠」をしっかり摂ることが大切。美容代にお金をかける前に、なによりも先に心がけておきたいことです。

永松麻美(ながまつ あさみ)

憧れ美肌デザイナー

エステ専門学校「タカラ・インターナショナルエステティックカレッジ」修了。「日本エステティック協会認定エステティシャン」「CIBTACボディ」「エステトリートメント」「CIDESCO」「CIDESCOアロマテラピー」各資格取得。高級住宅地でのサロン勤務を経て独立、2012年に「エステサロンSUHADA」(東京都府中市)をオープン。カウンセリングをしっかり行ったうえでの、一人ひとりにあった施術が口コミで広がり、幅広い層の女性から支持を得ている。

URL:http://ameblo.jp/esthesalon-suhada/