2017.01.24

美容

二度と大人ニキビを繰り返さない!美肌をキープして予防するコツ!

不規則な生活リズムや食習慣など、さまざまな要因から起こるといわれている大人ニキビ。若い頃に比べて、治りにくくなったと思う方も多いと聞きます。そんな大人ニキビを正しく予防して、いっしょに美肌を目指しませんか?

 

思春期はとっくに終わってるのに! 大人ニキビはなぜできる?

shutterstock_397740052

大人ニキビとは、20歳以上の方にできるニキビのこと。あごのラインや口まわりにできやすいといわれています。「治ったと思ったのに、またすぐにできる」という具合に、再発しやすいことも大人ニキビの特徴です。その原因のひとつとして、表皮の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが崩れて、厚くなった角質層が毛穴をふさいでしまうことが考えられます。ターンオーバーの乱れを作り出すきっかけは、生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足、バランスの悪い食生活、過剰な喫煙や飲酒、シャンプーや洗顔料のすすぎ残し、生理周期の影響(排卵期)など多岐にわたります。

これらの例に思い当たることがあれば、改善する努力をして、大人ニキビを予防しましょう。

 

NO紫外線!日焼けするとニキビ跡が残りやすいって知ってますか?

r-shutterstock_404042416

大きなニキビが治った直後に赤っぽい形状のシミが残って「ニキビ跡になってしまうのでは………」と不安になったことはありませんか? この赤いシミをニキビ跡として定着させないためには、紫外線を浴びないことが大切です。ニキビ後の赤いシミができた状態で日焼けをしてしまうと、その跡が濃くなってしまったり、治りが遅くなってしまったりするので、しっかりと紫外線対策をしておきましょう。

日焼けを防ぐためには、日焼け止めなどのUV化粧品を使用することになります。外出している時間が長い場合は、塗り直しのケアも忘れずに。夏場などは、日焼け止めのSPF数値の強弱に関わらず、2時間に一度の頻度で塗り直すことをおすすめします。

 

スペシャルケアや美白ケアで白く輝いてみえる肌へ!

shutterstock_303434612

日焼け対策以外のケアとして、角質除去やピーリングなどで、肌の代謝をしっかり上げることも大切。なぜなら肌の生まれ変わりのペースが正常であれば、シミの原因など、肌に不要なものを外に出す力が出てくるからです。使用する製品や肌の状態によって異なりますが、週に1回程度は、古い角質除去などのスペシャルケアを取り入れましょう。

また、ニキビ跡のシミについては、美白効果のある化粧品が有効ですので、ビタミンC、アルブチン、ハイドロキノン等が入った化粧水や乳液、美容液などを、普段のケアに取り入れてみましょう。できれば同じブランドの基礎化粧品をラインで揃えてみてください。

永松麻美(ながまつ あさみ)

憧れ美肌デザイナー

エステ専門学校「タカラ・インターナショナルエステティックカレッジ」修了。「日本エステティック協会認定エステティシャン」「CIBTACボディ」「エステトリートメント」「CIDESCO」「CIDESCOアロマテラピー」各資格取得。高級住宅地でのサロン勤務を経て独立、2012年に「エステサロンSUHADA」(東京都府中市)をオープン。カウンセリングをしっかり行ったうえでの、一人ひとりにあった施術が口コミで広がり、幅広い層の女性から支持を得ている。

URL:http://ameblo.jp/esthesalon-suhada/