2017.01.05

健康

お風呂でラクラク。足首回しで美脚ヤセ

忘年会やパーティなど、イベントが多くて食べ過ぎになりがちな冬。ダイエットを気にはしているけど、厚着だから普段より体型が気にならない、寒いから運動する気になれない、などの理由で、本気でダイエットに取り組めない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、お風呂で温まりながら簡単にできる「足首回し」で、スッキリボディを目指す方法をご紹介します。

 

体の「下」に溜まった老廃物を流してスッキリ

痩せるために何をするかと考えると、まず思いつくのはカロリーを減らす食事制限とカロリーを消費する適度な運動。けれども、その2つに気を付けていてもなかなか効果が出ない……という場合、原因は健康的な代謝の低さにあるかもしれません。地球には重力があるので、私たちの体の老廃物は下へ下へと、足のほうに溜まってしまいがちです。これをうまく流し、めぐり をよくするための方法の1つが、今回ご紹介する「足首回し」です。


NN2_8159向かって右の足だけ足首回しをしたのがこの写真。左足と比べてスッキリして、色もキレイに見えるのがわかるでしょうか。半日普通に過ごした状態で足首回しをすると、これだけの違いが出ています。食事制限や運動でのダイエットは、なかなか成果が見えづらく、辛いと感じてしまうこともありますが、こうしてすぐに見た目に違いが出れば、モチベーションも保てそうです。まずは健康的な代謝を上げて「燃やせる体」をつくりましょう。

 

ダイエット以外に他にもこんな 作用が!

血液とリンパの流れを良くすることは、ダイエットだけでなく健康面でも大切です。冬の大敵である冷えやむくみの ケア、疲労ケア などはもちろんですが、ちょっと意外なところではなかなか消えないアザや傷などの早期回復にもつながります。40代を過ぎると特に気になる腰やひざ、骨盤などを整え、この年代が注意したい下肢静脈瘤などのお悩み解消にも。快適に日々を過ごすためにはぜひ習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

「足首回し」の手順をご紹介

1.まずは足の裏の老廃物を流す

pixta_21825278_M-01NN2_8165NN2_8173

足の指を中央に寄せた時にできるツボ「湧泉」から、かかと中央にあるツボ「失眠(奇穴)」に向かって、老廃物を流すように押していきます。ここは、腎臓から尿道、膀胱の働きと関係がある体の「反射区」。こぶしをつくり中指の第二関節を使うか、親指を使ってしっかり力をかけて押しましょう。

 

2.足の指の骨をやわらかくゆるめ、足首を回す

NN2_8178

手の指と足の指を組みます(右足の場合は左手と・左足の場合は右手と)。普段、足の指の骨を動かす機会は少なく、難しいかもしれませんが、手を組む時のように奥まで組み合わせましょう。普段、歩いたり走ったりするために、複雑な動きをして重要な役割を果たしている足の指の骨をひとつずつゆるめ、しっかり指を組みをしてほぐしてあげましょう。

 

NN2_8191NN2_8192

足首を時計回りに回します。動きにくく、少し動きが引っかかるような部分があるかもしれませんが、極力、スムーズに動くまで回し続けましょう。動くようになったら、反時計回りに回すのも忘れずに(*反時計回りから始めても大丈夫です)。特に何回という決まりはないのですが、左右の足をそれぞれ10回ずつ程度、回しにくい側はさらに数回多めに回しましょう。

 

3.足の甲から足首に向かって老廃物を流す

NN2_8196-01

足の甲を伸ばし、足の指先の骨の間に手の指を置き、足首に向かって押しながら老廃物を流します。

 

4.足首から上へ向かって老廃物を流す

NN2_8199

かかとの上をつまむようにして、上に向かって老廃物を流します。

 

5.雑巾をしぼるように足首の骨を動かす

NN2_8214

首を中心に、両手を使って雑巾を絞るように足首の骨を左右に動かします。

 

ポイント

ゆっくりお風呂につかると、足首の動きが柔軟になって、足首まわしがスムーズにできるようになります。寒いこの季節、お風呂で温まりながら足首回しをしてみてはいかがでしょうか。ボディスクラブやオイルを使ってリラックスしながらやってみてください。終わったら体を冷やさないようにして、早めの就寝を心がけるとさらに良いでしょう。

 

久 優子(ひさし・ゆうこ)

ボディメンテナンスサロン「美・Conscious〜カラダ職人〜」主宰 ボディメンテナンスセラピスト・美脚トレーナー

1974年生まれ。
脚のパーツモデルを経て、ホリスティック医学の第一人者である「帯津良一医師」に師事。予防医学健康美協会、日本リンパセラピスト協会、日本痩身医学協会の認定を受け、講師としても活動。その後もさまざまな分野で独自で研究を重ね、現在のボディメンテナンスメソッドを確立。マイナス15kgのダイエットの成功の鍵である「リンパ」と「足首」のケアを基に、「足首をやわらかくすることからはじめる」全く新しい美メソッドを考案。著書に「1日3分!足首まわしで下半身がみるみるヤセる」(2014年9月・PHP研究所)、「脚からみるみるやせる2週間レシピ(2016年5月・宝島社)がある。