2016.02.29

美容

崩れ知らず!汗にも負けず紫外線から肌を守る「鉄壁メイク」のコツ

年齢を重ねていくのは仕方のないこと。ただ、女性は内心、年齢より上に見られることは避けたいと思っているでしょう。

いつまでも若々しく見えるかどうかのカギを握るのは、やはり「肌」の質。中でも特に大切なのが「紫外線対策」です。紫外線は肌にダメージを与え、老化を引き起こす原因になります。

「紫外線には夏だけ注意しておけば良い」と思っていませんか?暑い夏に多く照射しているのは間違いありませんが、紫外線は年中、降り注いでいるのです。

これから暖かくなる今の時期から、紫外線対策をきちんと行うことをおすすめします。

日焼け止めを塗るのは、メイク下地の前と後、どっち?

2

紫外線対策に欠かせないアイテムといえば、「日焼け止めクリーム」です。この「日焼け止めクリーム」、メイク下地の前と後、どちらに塗るとより効果的なのかと言うと・・・

正解は、「メイク下地の前」です。

紫外線対策に「日焼け止めクリーム」を塗る場合、以下の順番でメイクしてください。

  • 1.スキンケア
  • 2.日焼け止めクリーム
  • 3.ベース(下地)メイク

「メイク下地の前に日焼け止めクリームを」。これが、紫外線対策の鉄則です。

また、メイク下地としても使える日焼け止めクリームがあるので、それを活用するのも良いでしょう。

紫外線対策に効果を発揮する「鉄壁メイク」のコツ

3

ただし、メイクが崩れてしまうと、せっかくの紫外線対策の効果は薄まります。そのため、化粧崩れを防ぐことも紫外線対策として重要です。

ここでは、崩れ知らずの「鉄壁メイクのコツ」を具体的にご紹介します。

鉄壁メイクのコツ

  • 1.洗顔は丁寧に。
  • 2.化粧水は顔全体になじませる。
  • 3.「日焼け止め」→「ベース」→「ファンデーション」→「パウダー」の順でメイク
    ※パウダーで仕上げることでメイクは崩れにくくなります。特にテカりやすいTゾーンの部分はパフでパウダーを抑え気味につけてください。また、フェイスパウダーは、まぶた全体と下まぶたまでのせましょう(パフを折り曲げてしつかりつけます)。こうすることでアイライナーがにじむのを防ぐことができます。

朝のメイクは手早く仕上げたいところですが、丁寧に行うことで崩れにくくなり、紫外線対策にもつながります。

「就寝前のスキンケア」で紫外線のアフターケアを

4

最後に、紫外線のアフターケアとして「就寝前のスキンケア」をご紹介します。

  • 1.クレンジング(油性の化粧品を落とす)
  • 2.洗顔(汗や角質、垢など水性の汚れを落とす)
  • 3.化粧水(洗顔で失われた潤いを補給)
  • 4.美容液(「乾燥を防ぐ」などの美容成分を補給)
  • 5.乳液・クリーム(潤いを閉じ込める)
    ※クリームは乳液より油分が多めです。肌の調子によって調節しましょう。

予防としての「鉄壁メイク」と、アフターケアとしての「スキンケア」の両方を継続すれば、紫外線対策は万全です。これらを駆使して、紫外線から肌を守り、いつまでも若々しく見られる女性を目指しましょう。

 ※効果・効能の実感には個人差があります。

長田 正子(おさだ まさこ)

メイクアップインストラクター

三重県を拠点に、メイクアップ、スキンケア、カラーコーデイネート、骨格診断など、一人ひとりのキレイを引き出すイメージアップサロンを主宰。企業・団体などを対象に講演・セミナーなども実施している。レッスンポリシーは、感性に頼らず、理論に基づいた内容をわかりすく、その方の個性を大切にしながらレクチャーすること。きめ細かな指導が好評を博している。

URL:http://cfe-beauty-color.com/