2017.02.21

健康

カメラマンも記者も驚いた!ボヤケたあたまも超スッキリ「うさぎ」のポーズ!!

怒ったときの比喩で「頭に血がのぼる」という表現がありますが、イライラやストレスがたまると、どうしても頭の中が興奮状態になってしまいます。

そこで今回は、ちょっとした空き時間で簡単にできる、イライラやストレス解消効果の高いヨガ『うさぎのポーズ』をご紹介します。ストレスがたまった頭を、マッサージするような感覚でチャレンジできますよ。

 

ストレスによる緊張状態をほぐそう

shutterstock_505753651

「ストレス社会」といわれる現代ですが、そもそも「ストレス」とはどういう意味でしょう? 厚生労働省によれば、ストレスとは「外部からの刺激によって生じた緊張状態」のことをさすそうです。たとえば、仕事で常に気持ちが張りつめた状態にあったり、人間関係がうまくいかない日々が続いたり、あるいは日常の生活環境に悩まされたり……。

そんなストレス状態が続くと、胃を悪くしたり、不眠になったり、さらにはうつ病を発症する危険性もあります。深刻な状態に陥る前に、うまくストレスをやわらげるテクニックを身につけておきましょう。

ストレスと上手につきあっていく方法のひとつとして、ヨガをとり入れてみるのは良策です。ゆっくり深い呼吸法と筋肉をほぐす運動には、ストレスを忘れて、リラックスできる効果があるのでおすすめです。

 

腹式呼吸で筋肉を緩めるヨガでストレス解消!

shutterstock_519893608

ストレスを感じたときの解消方法は人それぞれ。

「カラオケに行って大声で歌う」「ネガティブなことを紙に書きなぐって破る」「悲しいストーリーの映画やドラマを見て思いっきり泣く」といった発散タイプや、「バスタブにお湯を張ってゆっくり入浴する」「適度な運動をする」といったリラックスタイプなど、人それぞれに向いた解消法があるでしょう。

でも、もしもいつものストレス解消方法が効かないときは、ヨガをしてみてはいかがでしょうか。

実は、ストレスがたまると呼吸が浅くなり、筋肉がこわばってしまいます。ヨガは、腹式呼吸で肺の奥まで空気を送り込み、ゆっくりとポーズをとり、筋肉を段階的に緩めていく運動です。つまり、ヨガはストレスによる浅い呼吸と筋肉のこわばりを解決する、最適のリラクゼーション方法なのです。

今回ご紹介する「うさぎ」のポーズは、頭(頭皮)から背中を刺激する、デスクワークの多い方に適したヨガです。気分転換になるだけではなく、目の疲れや肩こりにも有効です。

 

気分転換にぴったりの「うさぎ」のポーズ

P1060968

「うさぎ」のポーズは首を使うポーズです。「首を使う」と聞くと、難しそうに思えますが、やってみると、とっても簡単なポーズです。よそ見をせずに、心を静めて、ゆっくりと行いましょう。「首が固いから不安」と思う方は、自分ができる範囲でやりましょう。

 

1.まず、四つん這いになり、頭の頂部をゆっくりと床につけます。

P1060961

 

P1060962

 

2.膝とおでこの距離に違和感があれば、膝を前にゆっくりと出します。

P1060964

 

3.そのままの姿勢で、両手を脚の方へ向けて伸ばしていきます。手のひらは天井に向けて返しましょう。ここで、ゆっくりと呼吸を続けます。もしも、手を離すことに不安を感じる方は、②の状態(トップの写真のような状態)を完成ポーズとしてもOKです。

P1060965

10呼吸程度が目安。首を伸ばしたい場合は、ほんの少し体重を前にかけてみましょう。ポーズが終わったら、全身の力を抜いて、きちんとお休みをとりましょうね。

 

 

佐久間涼子(さくま りょうこ)

ヨガインストラクター

ヨガインストラクター

10代でヨガに出逢い、様々なヨガのスタイルを実践しながらヨガという世界観に一気に引き込まれ、ヨガブームを境に本格的にヨガのインストラクターとして活動を始める。
2007年に初めてインド・ゴアに渡り世界中のyogiとの交流をきっかけに更にヨガの魅力に触れる。
今日では都内にある「オハナスマイル」や「True Nature Studio」でのレギュラークラスをベースに、ヨガのある生活を満喫しながら、ヨガの魅力を日本各地で伝えている。
また日本最大級のヨガの祭典ヨガフェスタやTrue Natureなどにも講師として参加しており、様々なイベントでも活動中。

URL:http://www.sakumaryoko.com/